日本旅行業協会正会員

東京都知事登録旅行業第3-6744

facebookページ

VISIT JAPAN!!

旅行企画・主催

Permium Vacation

〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 8F

観光庁長官登録旅行業1876号

販売:ハルカゼ旅行社

世界の街へ、豊富な経験と確かな手配でお客様だけのツアーをご提案!

落書きフェスティバル
落書きフェスティバル

フェスティバルの街①

ルブリンでは毎年新しいフェスティバルがひとつ始まると言われれています。写真は落書きフェスティバルの様子です。

真夏のフェスティバル
真夏のフェスティバル

フェスティバルの街②

真夏の夜フェスティバル。6月の土曜に市内のあちこちでフェスティバルが催されます。写真はルブリン城内です。

 

 

ザモイスキ宮殿
ザモイスキ宮殿

ザモイスキ宮殿

1742年、ルブリンの北部の郊外コズフカにポーランドの有力貴族ザモイスキ家の宮殿が後期バロック様式で建てられました。1977年からはザモイスキ博物館としてオープンしています。

Jacek Karczmarz, 2009, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5

 

ザモイスキ宮殿のある庭園2
庭園の地図

ザモイスキ宮殿がある庭園

周囲は庭園になっていて宮殿はその中にあります。

Jolanta Dyr, CC-BY-SA3.0

 

ザモイスキ宮殿のある庭園1
ザモイスキ宮殿のある庭園

Jolanta Dyr,CC-BY-SA3.0


プワヴィ チャルトリスキ宮殿
チャルトリスキ宮殿

チャルトリスキ宮殿①

ルブリン近郊にあるプワヴィはポーランドの貴族チャルトリスキ家の宮殿があるところとして知られています。

芸術活動の振興に大きく寄与し、プリンセスのイザベラ・チャルトリスカは特に熱心でクラクフのチャルトリスキ美術館の創設者でもあります。NeoMill, 2013, CC-BY-SA3.0

 

プワヴィ チャルトリスキ宮殿
チャルトリスキ宮殿

Lukke, 2011, CC-BY-SA3.0


プワヴィ 聖マリア被昇天教会
聖マリア被昇天教会

チャルトリスキ宮殿②

宮殿は広大な庭園の中にあり、庭園には(左)聖マリアの被昇天教会や(右)シビル等があります。

シビルとは古代地中海地域における巫女のことでアポロンの神託を受け取るとされています。

NeoMill, 2013, CC-BY-SA3.0

 

 

プワヴィ シビル
シビル

Janmad, 2008, GDFL1.2,CC-BY-SA3.0


プワヴィ チャルトリスキ宮殿

チャルトリスキ宮殿③

宮殿内部の様子:

細かい装飾の施された階段

Danapass, 2009, CC-BY-SA3.0

 

 

プワヴィ チャルトリスキ宮殿

                 

ストーンホール、石の間の壁面あるモールド

洗面室の鏡にエッチングしたいレリーフです。

Janmad, 2008, GDFL1.2,CC-BY-SA3.0

プワヴィ チャルトリスキ宮殿

 

ゴシック様式のホール

Janmad, 2008, GDFL1.2,CC-BY-SA3.0


イザベラ・チャルトリスカ夫人
イザベラ・チャルトリスカ夫人

チャルトリスキ宮殿④

現在は博物館になっていて、チャルトリスキ家およびイザベラ夫人のコレクションが展示されています。

Piotrus, 2013,GDFL1.2,CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

 

 

プワヴィ チャルトリスキコレクション1
カップ&ソーサー

 時を経て良い色合いのアンティークになってますね、素敵です。

Piotrus, 2013,GDFL1.2,CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

 

 

プワヴィ チャルトリスキコレクション2
聖アンドリュ―勲章

Piotrus, 2013,GDFL1.2,CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

プワヴィ チャルトリスキコレクション3
18世紀のシルバーティーポット

この優美なティーポット、レプリカでいいのでほしいです!*こちらをご覧になった方、再現できるようでしたら、ご一報ください!

Piotrus, 2013,GDFL1.2,CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0