日本旅行業協会正会員

東京都知事登録旅行業第3-6744

facebookページ

VISIT JAPAN!!

旅行企画・主催

Permium Vacation

〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 8F

観光庁長官登録旅行業1876号

販売:ハルカゼ旅行社

世界の街へ、豊富な経験と確かな手配でお客様だけのツアーをご提案!

ワルシャワを拠点にした観光

ポーランド、トルン地図
ポーランド、トルン地図

 

トルン(世界遺産)

コペルニクスが生まれた町

トルンは、地動説を唱えた偉大な天文学者コペルニクスの生まれた町です。お菓子のピェルニク(ジンジャーブレッド)の街としても知られています。コペルニクスの生家、聖母マリア被昇天教会、シナゴーグ跡、旧市庁舎があります。

NordNordWest, 2008. GDFL1.2, CC-BY-SA-3.0

 

聖ヨハネ大聖堂
聖ヨハネ大聖堂

トルンの斜塔  NEW!!

斜塔は旧市街南の川沿いにあります。ご覧になってお分かりのようにかなりの角度で傾いていますが、オフィスとして使われているそうです。

聖ヨハネ大聖堂
聖ヨハネ大聖堂

聖ヨハネ大聖堂

聖ヨハネ大聖堂はトルンで最も古い教会で13世紀に作られましたが、その後増築を繰り返して15世紀に現在の姿になりました。細かな彫刻が施されたエントランスやポーランドでも最大級の鐘が設置されています。

©Yves6, 2005, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

西側のエントランス
西側のエントランス

©Pko, 2005, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

ポーランド最大級の鐘
ポーランド最大級の鐘

©Pko, 2009, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

聖ヨハネ大聖堂の主題壇
主題壇

© Ludwig Schneider / Wikimedia, 2009, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

大聖堂内の壁画
大聖堂内の壁画

©Pko, 2006, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0


ポーランド 聖母マリア被昇天教会
聖母マリア被昇天教会

聖母マリア被昇天教会

聖母マリアの被昇天教会は旧市街広場の北西にあり、13世紀から14世紀にかけて建てられたゴシック様式の教会です。

教会内部の十字架のキリスト像や主催壇、ヴォールト(かまぼこ型の天井様式)など14世紀のゴシック芸術、建築に目を見張ります。

トルン 聖母マリア教会の主催壇
主催壇

聖母マリア被昇天教会

聖母マリアの被昇天教会の主催壇

©Pko, 2006, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

十字架像
十字架像

聖母マリア被昇天教会

身廊の壁に祭られた十字架像

©Pko, 2006, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0


ポーランド 中世都市トルン
中世都市トルン

旧市街広場

旧市街広場は観光のメインとなる場所で、おもな見どころはここから歩いて行ける範囲にあります。トルンの中世都市として世界遺産に登録されています。

©René, 2000, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

 

ポーランド 中世都市トルン
中世都市トルン

旧市庁舎

旧市街広場の真ん中に位置しており、1399年に完成したゴシック様式の建物です。現在は博物館になっていて、14世紀のステンドグラス、後期ゴシックの絵画、コペルニクスの肖像画などの展示を行っています。

©Pko, Toruń, 2005, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0