日本旅行業協会正会員

東京都知事登録旅行業第3-6744

facebookページ

VISIT JAPAN!!

旅行企画・主催

Permium Vacation

〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 8F

観光庁長官登録旅行業1876号

販売:ハルカゼ旅行社

世界の街へ、豊富な経験と確かな手配でお客様だけのツアーをご提案!

グダニスクを拠点にした観光

ポーランド、フロムボルク地図
ポーランド、フロムボルク地図

 

フロムボルク

コペルニクスが研究を行っていた街

コペルニクスは司祭としてこのフロムボルク大聖堂で聖職にあると同時に、地動説の研究に没頭していました。フロムボルク大聖堂があるカテドラルヒルにはコペルニクスの研究室や後に設置されたフーコーの振り子など、またゴシック様式の大聖堂の内部やパイプオルガンなどが見どころです。

NordNordWest, 2008. GDFL1.2, CC-BY-SA-3.0

 

フロムボルク大聖堂
フロムボルク大聖堂

フロムボルク大聖堂 NEW!!

正しくは聖母マリアの被昇天と聖アンドリュー大聖堂といいカテドラルヒルという丘にあります。1388年にゴシック様式で建設されました。敷地内には大聖堂だけでなくコペルニクスタワーや鐘楼などがあります。コペルニクスは1543年に亡くなるまでここで司祭として働きながら、研究を進めて行きました。

©Holger Weinandt, 2010, CC-BY-SA3.0

大聖堂の主題壇
大聖堂の主題壇

©Holger Weinandt, 2010, CC-BY-SA3.0

聖母子の祭壇
聖母子の祭壇

©Piotrus, 2013, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

コペルニクスの墓碑銘
コペルニクスの墓碑銘

©Maciej Szczepańczyk, 2007, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0

 


大聖堂隣の鐘楼
大聖堂隣の鐘楼

©Hans Weingartz,2007, CC-BY-SA2.0

フーコーの振り子
フーコーの振り子

フロムボルク大聖堂  フーコーの振り子

大聖堂があるカテドラルヒルの鐘楼にはフーコーの振り子が展示されています。地球の自転を説明する器具ですが、もちろん後で取り付けられたものです。コペルニクスの死後300年ほどたって考案されました。

©Polimerek, 2010, GDFL1.2, CC-BY-SA3.0,2.5,2.0,1.0